about

ソメヤスズキはオーガニックコットンの生地を草木染めした布製品の制作・販売をしています。

一作り手として持続可能なモノづくりのため、生地素材にはオーガニックコットンを選びました。玉葱や杉、檜、南天など身近な草木から抽出した天然染料で染めると、それぞれの植物がもつ自然で綺麗な色に染め上がります。

そんな素敵な布を用いて、「衣食住」にまつわる様々な布アイテムを日々作り続けていきたいと思います。

■webサイト
http://someyasuzuki.com/

■Facebook
https://www.facebook.com/someyasuzuki

■Instagram
https://instagram.com/someyasuzuki

[運営会社]
nottuo株式会社
http://nottuo.com

«««染料について»»»
草木染めは文字通り身近な草木を使って染めることができます。道ばたに生えた蓬や水辺の赤蘇、栗の葉、檜の樹皮などなど。毎月アトリエで開催している「季節の草木染めワークショップ」では、参加者と一緒に河原や野山を散歩して染料となる植物を採集することもあります。
大抵の植物で染めることができますが、色素の多さ(色の染まり具合)からソメヤスズキでよく使われる染料は、黄色は玉葱・マリーゴールド、グレーやネイビーは矢車附子、ピンクはインド茜などです。現在は染料店で購入している植物染料も、今後は自家栽培したり、近隣で契約栽培してもらうなどの方法を目指しています。

«««媒染ついて»»»
植物染料を繊維に定着させるための工程として、媒染(ばいせん)があります。色素と金属イオンを結合させるのですが、使用する金属の種類によって色が変わります。市販の媒染剤の他に、みょうばんや鉄漿(おはぐろ・かね)、灰汁なども利用できます。例えば、タマネギの皮は黄色に染まりますが、アルミ媒染で鮮やかな黄色、銅媒染で芥子色、鉄媒染では緑がかった茶色のような色になります。ひとつの染材からも、重ね染めによる濃淡や媒染材の種類などを考えると、さまざまな色を引き出すことができます。

«««生地ついて»»»
わたしたちは、農薬を使わずに生産されたコットンを使います。また、無農薬栽培綿の生産が広がって、続いていくためには、コスト優先とは違った選択が必要だと考えます。
ソメヤスズキでは、NOC(日本オーガニックコットン流通機構)のエコ加工規準に則って製造されたオーガニックコットン100%の生地を使用しています。生産地はインド、パキスタン、スイスなど。
詳しいことはお尋ねください。